人気ブログランキング |

レオン・ラッセル 心斎橋クラブクワトロ 2005 11/22

レオン・ラッセルという名は子供の頃から知っていた。叔父のカーステレオから流れてくる、彼自身の「ソング・フォー・ユー」は異彩を放っていたし、ジョージ・ベンソンの「マスカレード」はいつも大人の音楽を感じさせた。スワンプ・ロックの雄である彼の素性を知るのは、ずっと後のことである。叔父は少しも言葉で音楽を語った事はない。Bar Dylan を始めるときに聞かなくなったレコードの全てをなんの惜しげもなく私にくれた。そんな叔父が聴いていた青春の音楽が、すべて今の私の始まりである。
あの頃、レオン・ラッセルに会えると思えるはずがない、遠い過去の偉人だと感じていたし、死んでいるかも知れなかった。2005年心斎橋クラブクワトロに現れた彼はまさに亡霊でもおかしくなかった。亡霊でないことを確信したのは、デマチをして地下の駐車場でそんな彼と握手した時だった。妻は滞在先のホテルを聞き出そうとしてくれていた。レイラさんは彼に抱きついて離しそうにもなかった…。レコードを持っていけばよかったなんて思わない、この記憶が私の宝物。
c0161915_1651737.jpg

by bar-dylan | 2008-07-23 16:52 | Live report